停電対策としての太陽光発電

停電になったとき、太陽光発電は電源になるのでしょうか?

発電された直流の電流は、パワーコンディショナによって交流に変換され、電力会社の配電線に接続されます(系統連系システム)。
停電するとこのシステム自体が動かなくなってしまいます。

それでも、パワーコンディショナに自立運転機能があり、非常用コンセントが設置されている場合には、太陽光発電からの電力を停電時でも供給可能です。

まず、停電になったなら、主電源のブレーカをおろし、次に太陽光発電のブレーカを必ずオフにします。
これは、電気系統の重大な事故を防ぐために、取扱説明書に指示がなくても不可欠な手順です。
そして、パワーコンディショナを自立運転にモードに設定します。
これにより、電力会社と切り離されて自家発電をすることになります。

そうすると、非常用コンセントからだけ電気が供給され、通常使っているコンセントからは電気は供給されません。

非常用コンセントから供給される電力は1500Wです。

1500Wですと、テレビや冷蔵庫、電気ポット、電子レンジ、炊飯器でも、機種によっては使えるものがあります。
ただ、モーター利用の機器(冷蔵庫、掃除機等)の場合、動作開始時に一時的に大電流が流れるようときには使用はうまくいかない場合もあります。
日照の変動によって電源が落ちると故障する可能性のあるデスクトップPCなどは、使用を避けた方が賢明です。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ