電気料金メニューの選び方

各電力界社は、いろいろな料金メニューを導入しています。
一般的なのは、時間帯を問わず料金が一定の「従量電灯」です。
他に、日中の料金は割高で、反対に夜間料金が安いプランがあります。

最近では、ピーク時の電力使用を他の時間帯へシフトさせることを目的とした新しいプランが導入されています。
夏の電力使用のピーク時(1~4時)の電力料金は特に高く(従量電灯の2倍程度)、その他の昼間の時間帯は従量電灯料金よりも安めで、夜間料金が更に安いという料金体系です。

太陽光発電は、日中に発電した電気を使用し、余った電気を電力会社に売るシステムです。
したがって、特に日照が多い夏のピーク時は発電量が多く、電力会社から電気を買うことはないので、ピーク時の料金が高くても問題ありません。
ピーク時以外の料金が安いので、その年の気象条件にもよりますが、このような料金プランにすれば、かなりの節約になるでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ