寿命はどれくらいか

私たちが太陽光発電を設置する場合、コスト面以外に、もう1つ気掛かりな点があります。
それは、太陽光発電の寿命です。

一体どれくらいの年数、もつことができるのでしょうか。
例えば、住宅の寿命と照らし合わせてみましょう。

住宅ローンを考えた時、最長が35年です。
つまり35年以上になると、住宅を買い替える選択肢がでてきます。

逆を言えば、それほど住宅は長年使い続けることができることを意味しています。

実は、太陽光発電の寿命は明確に記載されているわけではありません。

一般的には20~30年…中には、30年以上という説明もあります。
そう考えても、太陽光発電の寿命は住宅より早く来てしまうことになります。
確かに現段階で太陽光発電の寿命は住宅に劣りますが、技術の進歩を考えれば、近いうちに住宅の寿命と同じ年数ぐらいになるのではないでしょうか。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ