太陽光発電システムを上手に利用するには?

発電量の記録をとっておくことが大切です。

そして、毎年月ごとの発電量を前年度の記録と照らし合わせます。

もし、パネルにトラブルが発生すれば、天候が悪くないのにもかかわらず、発電量がかなりの割合で前年度に比べて減少するからです。
メーカー保障期間中でも、壊れる場合があります。
早めにトラブルを発見し、すぐ修理して発電量の回復をするためにも、記録が重要なのです。

発電量をチェックでき、自動的に保存してくれるシステムにも行政から補助金出る場合があります。お住まいの自治体に問い合わせて、そのようなシステムにも補助金が出るのか、確認されるとよいでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ