補助金も含めて見積もりをとるのがコツ

お住まいの地域によって、補助金額が異なってきます。
ですから、見積もりをとる際に、補助金も調べて見積もりしてもらうと、実際に支払う金額が明確にわかりますし、補助金をきちんと把握している業者が安心だといえます。

また、業者によっては、電力の買取費用を計算して、だいたい何年くらいで元が取れるかを計算してくれる場合もあります。
ただ、とにかく安ければよいというものでもありません。
製品自体はメーカーが保障しますが、メーカーの正規の資格をもった業者が設置することが保障の条件となるのです。
もちろん、工事については設置会社が保障します。2つの保障がきちんとついている業者を選ぶことが大切なのです。

では、一般的にはどのくらいの費用が一般的なのでしょうか。
ソーラーパネルの面積によってかなり違いますが、一般家庭のあくまでも平均的な金額では、1、2年前は200万円くらいだったところ、現在100万円から150万円程度にまで値段が下がってきているようです。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ