電気料金値上げ対策としての太陽光発電

平成24年9月の東京電力に続き、11月下旬に関西電力、九州電力が相次いで電気料金の値上げ認可の申請をしました。また、円安で燃料輸入代金が上昇すると、再度の値上げ等も考えられます。

現状、以前と同数の原子力発電が再稼働するとは考えにくく、火力発電への依存は当面続くと思われます。
電気を自前で作ることのメリットが今後も大きくなっていくでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ