太陽光発電導入のタイミングは?

ソーラーパネルが普及するにつれ、パネルの価格が下がっていくことが予測されます。
では、もっと値段が下がるのを待って導入すればよいのでしょうか。
確かに、その方が初期費用が安く済みます。

ただ、電気の買い取り価格もパネルの値段に従って下がっていくことが予想されますし、補助金額も下がってくるかもしれません。

なかなか、どのタイミングがよいと一概には言えません。

しかし、早い段階で導入すれば、電気を買うのではなく、電気を売る側に転じることになります。

ご存知のように、太陽光発電等の自然エネルギーの買い取り価格分(月70円~100円)については、電力会社から購入する電気代に上乗せされて、利用者が支払うことになります。

太陽光発電を導入すれば、上乗せ料金を支払うことなく、逆に有利な立場で買取制度を利用することができるのです。
また、電気料金の値上げ可能性が高い現在、電気を買うのではなく売る側に立つメリットは少なくないと考えられます。
資金に余裕がある方にとって、早めに太陽光発電を導入することは、選択肢のひとつであると言えるでしょう。

tai

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ